一生に一度のウエディングだからこそ手作りの指輪を

完成まで

花嫁

手先が器用ではないから婚約指輪の手作りなんて自分には出来ない…そう不安に思っている人も居るでしょう。
しかし、手先が不器用な人でも婚約指輪を手作りすることが出来ます。
ここからは、婚約指輪を手作りする際の流れと完成までの期間を紹介しています。

制作に入る前は、どういったデザインにするのか打ち合わせを行ないます。
打ち合わせは指輪作りのプロと行ないますので、出来るだけ希望を伝えましょう。仕上がりのイメージを伝えて、イメージに近い指輪に完成するようサポートしてくれます。
打ち合わせを行う前に、ある程度イメージをしておくことで打ち合わせがスムーズにいきます。ただ、指輪に関する知識がない、選び方がわからないといった人でも実物を見ながら打ち合わせをするので安心して下さい。

どのようなデザインで作るか決めたら制作に入ります。
ロウのような素材を、切る、削るなどの作業を行なって、指輪の原型を作っていきます。失敗してしまった場合でもやり直しが出来ます。
最も手作り感が現れる部分です。
細かい作業ですが、しっかりとプロが教えてくれます。

仕上げはプロが行ないます。手作りした婚約指輪の原型を工場で金属へしていきます。
ピカピカに磨かれた指輪は、既成品のように美しく仕上がります。
希望のデザインに沿うように、刻印、ダイヤモンドや誕生石などを埋め込むといった作業が行なわれます。

デザインの打ち合わせから1~1.5ヶ月で完成します。
自分が手作りした指輪なので、自分が装着しなくても愛着が湧きます。
あとは、サプライズで渡すだけです。